読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がう

インプラントの手術してからしばらくの間、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

人工歯根を埋め込んだことで、その周辺の歯の神経も刺激されたことが原因で時間の経過ともに落ち着くのがほとんどなので、気にしないでください。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることに努めましょう。

インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療を始めても、決して遅くありません。

歯科医院決定に大事なのはインプラント治療経験者の口コミです。

費用が高額なので、多くは一括払いだけでなくクレジットカード払いや、ローンによる分割払いも導入しています。

入れ歯や差し歯に代わる技術として注目されているインプラント

その手術とは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨にフィクスチャーとも呼ばれる人工歯根を埋め込み、義歯を装着するものです。

入れ歯と比べて格段に手間がかかる分、見た目もキレイですし、食事も格段にしやすくなっています。

インプラントの施術には、歯科医師に加えて、義歯を作る歯科技工士の熟練の技を欠かすことは出来ません。

それだけ多くの手間や高価な材料が用いられた治療ということです。

いわば「贅沢」な治療といえるので、保険は利かず自由診療となります。

徐々に市民権を得てきたインプラントですが、インプラントの処置後、口の臭いが気になるようになったケースが歯科医院ではよくきかれます。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、歯磨きで磨ききれない食べかすが残っていることもありますし、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

ひょっとして、と思ったら、放っておかずに診察を受けてください。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗のリスクをゼロにすることはできません。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといった人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという審美的な問題が起こることもあります。

こうした失敗のリスクを最小限にとどめるためにはまず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。