読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、ブ

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な患者さんにお薦めします。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、義歯では上手に噛めないなどでインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

デンタルケアを欠かさないことが重要です。

日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。

どんな堅牢なインプラントでも、ひとたびケアの手を抜けば歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。

独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、どのような検査を行って、検査の結果をどう見るか、手術後のアフターケアはどうかなどで歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。

インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラント治療の結果を左右するのです。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、アレルギーの発症例も少なくなっています。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の十分な検査を行い、結果を検討した上で治療に取りかかるため納得した上で治療を始められます。

それから、治療後には、メンテナンスを欠かさず継続することで長い間、問題なく使うことが可能になります。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前はしなかった口臭がするようになったということもままあるようです。

これでは折角のインプラントが台無しです。

理由としては、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、天然の歯における歯周病と同様、インプラント周囲炎という炎症になっているという可能性もあるのです。

ひょっとして、と思ったら、早期に診察してもらうことが大切です。