読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

近年、インプラントの治療件数が増え

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工歯づくりを指します。

ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくことが必要条件です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。

こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

新たな歯科医療の形として注目されているインプラント

その耐用年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数も短くなってしまいます。

現在ではインプラント治療も一般化してきましたが、インプラントを使い始めてから、前はしなかった口臭がするようになったということもたまにあるということです。

そうなる理由として、歯肉とインプラントのパーツの隙間などに詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症しているという可能性もあるのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、放っておかずに診察を受けてください。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのありふれたケースのインプラント治療も院内感染の心配はあるものです。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことがキーポイントの一つです。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてホームページ上で具体的に示している歯科医院もどんどん増えているので、調べるときは参考になるでしょう。