インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントが世の中に定着した

インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。

義歯と人工歯根を繋いでいるネジ部分が緩んできたりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうといった不具合が起こる可能性もあるのです。

こうしたトラブルは、担当歯科医がインプラントに習熟していないことに起因することが多いといえます。

高い技量を持つ歯科を選ぶといいでしょう。

ネットのレビューなども参考になります。

インプラント治療を希望する代表例として、失った歯だけの治療で済ませたいと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすれば両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。

どんなインプラントも虫歯の危険性は全くありませんが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療そのものが終わっても、アフターケアは大事で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はどこまでも続きます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎を疑ってください。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それはもちろんのこと、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止に努めている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療後も快適な状態を維持するためにアフターケアが寿命を決定します。

食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することが、インプラント維持のために必要です。

インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。