インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラン

人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、埋入手術後はどの患者さんも人工物を入れられた違和感を感じています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようじっと耐えてください。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。

健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。

もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのが治療や手術への心配がなくなるでしょう。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医の治療を受けようとすれば国外までも探しにいくということも考えていきましょう。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるならすぐにあきらめることなく、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。

一口にインプラント治療といっても、大きな3つの関門があります。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

という段階を踏みます。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。

ですから、インプラント治療全体では最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、安堵するのはまだ早いのです。

ずっと使い続けられるかは、結局、その後の自分自身の努力にかかっています。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、その通りのケアを心がけてください。

自宅での手入れが歯の維持には何より大切です。

また、神経を抜いた歯をインプラントにしているという都合上、異常に気付くのも遅くなります。

治療後も定期的に歯科に通い、検診を受けるようにしてください。