インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとさ

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。

自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根は完全にあごの骨と結合しなければならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再び手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。

インプラントの埋入も、骨を削るので周辺の神経を損傷する危険性もあります。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使える治療法であるインプラント

ですが、気に留めておくべきポイントがあります。

それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるということです。

これは重要な事実です。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。

クラウンとかブリッジをかぶせる自分の歯がない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのため必然的にインプラント治療になる患者さんが多いでしょう。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

代表的なインプラント適用のケースは、失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。

ブリッジ治療で義歯を入れるとすればブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、これに対しインプラント治療は、失った歯に見合った人工歯根を骨に埋めていくため、該当する歯の分だけ治療することになります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという事情のケースなら、他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費が気になるのは当然です。

現実には、治療費といっても地域や、歯科医によって相当な開きがあります。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に決められるのが建前です。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。