読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

完全に歯がなくなってしまった部位にも使える

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるのがインプラントです。

しかし、難点もあるということに気を付けてください。

それは、誰にでも適用できる治療法ではないということです。

これは重要な事実です。

いくつか例を挙げると、腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

人工歯根を埋め込んだことで、その他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合はすぐに歯科医に連絡することを心がけてください。

インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も費用の差になってきますので、費用がどのくらいになるか、必ず見積もりを取りましょう。

できればいくつかの歯科医院を比べ、最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

忘れないで欲しいのはその歯科医院でインプラントを入れた方の評価を参考にしましょう。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく多くが分割払いや、クレジットカード払いを導入しており、少しでも治療を受けやすくしています。

ご存じの通り、インプラント治療は普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除の対象なので、ぜひ受けましょう。

医療費控除を受けようとすれば、確定申告の期間中に医療費を収入から引くサービスを受けられます。

確定申告で忘れてはならないのは治療のたびにもらっている領収書が医療費の支払い証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。

どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのはどこの歯科医院、どんな歯科医に治療してもらうかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので様々な症例を診てきた経験豊かな歯科医に診てもらいましょう。

それはもちろんのこと、必要な費用についてきちんと話してくれる、感染症予防策をはっきり示している、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども重要なチェックポイントになります。