読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科医にインプラント治療をすすめ

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働きかける治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、インプラント治療を優先して良いでしょう。

人工歯としてのインプラントは噛んだ感じが自分の歯に近く、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもけっこう大事なメリットの一つです。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、ガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯はともに、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに強いものでもあります。

もちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

今流行りのインプラント

一度埋め込めばその効果はちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、無論ただ施術すればいいというものではなく、その後のメンテナンスや手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。

当然、自分自身でも口腔内のケアを続けなければ、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、そうするとあごの骨が浸食されてしまう場合もあり、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域差もあり、歯科医院の規模によってできる治療にも差があり、歯科医の評判にも差があって、それぞれに治療費の総額を決めることになるので、複数の医院の費用を調べて比較検討し、治療に取りかかることをすすめます。

歯科医院決定に大事なのはインプラント治療を受けた方からの評価です。

多くの歯科医院では現金一括払いだけでなく分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、全身麻酔になることはほとんどありません。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。

腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。

このような難しい治療を行う場合、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。