インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に

入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方には選択肢としてインプラント治療があります。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部の義歯になる部分を装着します。

入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを譲れない方にふさわしい治療です。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活には極端な制限はありませんが、日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

日頃から運動をしている方は、いつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。

歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえば術中の痛みが怖いと思います。

麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

切り開くあごを中心に、麻酔を十分効かせて手術に取りかかるためです。

麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが痛みに備えて、頓服薬を処方されるので耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

その部品の接続構造により、以下に示す何通りかに分かれています。

インプラント(人工歯根)とアバットメントが一体である「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。