読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントとクラウンがどう違うかと

インプラントとクラウンがどう違うかというと、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が健全であれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。

抜歯した場合の選択は、もし、入れ歯を採用しない場合、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

治療の選択肢がそれしかない患者さんにお薦めします。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を選択するというのが、多くの患者さんの実態です。

インプラントは入れ歯に比べ、噛み心地があごの骨に直接伝わるため、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性はかなり大きいというべきでしょう。

インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療の成否を分けます。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、最低でも手術から治療終了までの間、つらくても禁煙するのが正解です。

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても院内感染が起きないと言えません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、その医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療の成否に関わる問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をウェブサイトの中で説明している歯科医院もごく普通になっているので、真っ先に見ておきたいところです。

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

アバットメントが人工歯根から分かれておらず、一体化しているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、パーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。