インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんな問題がインプラント治療にあるかを様々な情

どんな問題がインプラント治療にあるかを様々な情報ツールで調べたと思いますが、その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうといった口コミがあったかもしれません。

それは本当のことではありません。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、検査で問題になることはまずありません。

歯科におけるインプラント治療では、あごの骨に埋める部分の素材はチタンが主流です。

骨との親和性が高くアレルギーも起こりにくいとされています。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで治療を始めるのが普通ですから安心して治療を受けることができます。

それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を使って作られているためです。

インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。

全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。

最近メジャーになってきたインプラントですが、手術を受けるにあたって、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。

その点は、担当医の技量に加え、本人の体調、口腔内の状態なども影響してくるため、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。

痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れや痛みが収まらない場合は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、そのマイナス面も知らなければなりません。

全ての患者に関わるのは、高額な費用です。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。

あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるという重大な問題もあります。

ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。