インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。

しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療できるところが増えてきました。

よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を探して、問い合わせてみましょう。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前に既往症を完全に治しておくのは必須です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。

今は、このような病歴があるからといってインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は永久に虫歯から免れますが、歯周病には気をつけてください。

長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

さらに深いところまで感染する可能性もあるため至急歯科医にかからなければなりません。

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は定期検診に通うのが一般的です。

この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。

全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの出費は必要です。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところまだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるというケースが増えています。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠れば取り返しのつかない事態が起こってしまうと思ってください。