インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメン

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、それらのパーツの構成により、複数のタイプがあり、用途に合わせて使い分けられています。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている1ピース・インプラントと呼ばれるタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

2ピースタイプは人工歯根とアバットメントをネジのように接続するもので、そのコネクション部分の形状により、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

一本のインプラント治療にかかる費用は普通の治療で、入れるのが一本なら35万円前後をみてください。

もちろん、地域差、歯科医院の規模による差、歯科医の評判による差があって費用の差になってきますので、事前に見積もりを出してもらうことが必要で、複数のデータが得られればそれを比べ、治療を始めても、決して遅くありません。

歯科医院決定に大事なのはその歯科医院で治療を受けた方の口コミです。

近頃は、一括払いだけという歯科医院は少なく、分割払いができるところも増えており、クレジットカードが使えるところもあります。

インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

もちろん、治療を始める前にはCT検査、レントゲン検査、口腔内検査など検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため安心して治療を受けることができます。

また、治療そのものと同じくらい大事なメンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。

とりわけ、歯周病顎関節症がある場合、治療を始める前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にも治療が事故につながる可能性があります。

こうした病歴があっても、直ちに絶対治療できないとは言えません。

歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

人工歯としてのインプラントは永久に虫歯から免れますが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスを忘れることはできません。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

自然に治ることはありませんので、一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。