インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんな完璧なインプラント治療でも、治療

どんな完璧なインプラント治療でも、治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くというのもありえます。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら可能性を追求して、できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。

長く根気のいるインプラント治療。

しかし、やっと治療期間が終わったといっても、やれやれこれで一段落だ、と気を抜くわけにはいきません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、患者さん自身のケアにかかっているのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

さらに、インプラントの場合、歯の神経がないので、何か異常が起きていても、なかなか自分では気付けないことがあります。

ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスをしなくて良いということにはなりません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

残存している歯と同様に必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

異常がなくても、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなくてはなりません。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、それと裏腹のデメリットもあります。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

高くついた場合、数十万円にもなることもあり得ます。

そして、治療にミスや失敗があると取り返しがつかない健康被害が起きる危険性も承知しておいてください。

本当に深刻な例では、死亡事故も実際に報告されています。