インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の心配はあるものです。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、重要事項の一つになります。

院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、調べるときは参考になるでしょう。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。

メンテナンスの費用は基本的に保険が適用されるので三千円くらいと考えてください。

標準的には、一年に1万円から2万円程度の維持費を用意しておきましょう。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンをかぶせることが可能です。

しかし、根から抜いた場合はもし、入れ歯を採用しない場合、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。

治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。

自費診療として始めるしかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

安い材質、安い治療で済ませても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、歯肉炎や歯槽膿漏は十分起こりえます。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングが必ず求められます。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。

感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。