インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、3つのハードルを越えなければなりません。

まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。

それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

というのが大まかなプロセスです。

この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯以外ですと、なくなった歯根の代わりに、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と、歯科医院の決め方です。

この治療では、かなり特殊な外科的施術をしなければならないため症例数が多ければ多いほど良く、豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。

それはもちろんのこと、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、感染症予防策をはっきり示している、治療の見通し、歯やあごの現状をわかりやすく説明してくれるといったことも後悔しない歯科医選びの決め手となります。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術後しばらくの間、患者さんは人工物を入れられた違和感を感じています。

数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにここはぐっと我慢してください。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

大至急歯科医にかかってください。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、マイナスの部分も理解しておきましょう。

まず、他の歯科治療と比べても費用がかかることです。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。

そして、治療にミスや失敗があると障害が残るような健康被害も起こりうるというのも、デメリットの一つです。

本当に深刻な例では、治療によって死亡したケースもありました。