インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

手術では他の歯に触れていなく

手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周囲の歯の神経が刺激され、反応が出たもので時間の経過ともに落ち着くのが圧倒的に多いです。

ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は傷が落ち着くまで、できるだけ安静に過ごすように努めましょう。

日常生活では力をかけないように努め、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

運動を習慣にしている方の場合は運動をいつ再開すべきか、歯科医と話し合うと安心できます。

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならずその都度、費用がかかります。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うのが一般的です。

この定期検診に必要なお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けた特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。

その点を踏まえ、歯科医院選びのときに、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてウェブサイトの中で説明している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。

インプラント治療はかなりの技術を要するので、様々な点で、失敗が起きる可能性があります。

どのような失敗が考えられるかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、細菌感染やアレルギー等によってあごの骨が腫れる、痛むといった身体的問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった外見が損なわれる可能性もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はよく考えて決めてください。