インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

歯科治療は全て同じですが、インプラント治

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。

セルフケアを怠ってはなりません。

食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールは欠かせませんし、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらう必要はずっと続きます。

どんな堅牢なインプラントでも、普段のケアができなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。

そうなる理由として、歯茎の合間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎と呼ばれる炎症を起こしているという可能性もあるのです。

そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、複数のタイプに分類することができます。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

よりメジャーである2ピースタイプは、パーツ同士の結合部の形によって、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプに分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の代用となる人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため噛んだときの感じも自分の歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、人工歯根の周りに組織が形成され、自分の歯のように安定することが治療成功の絶対条件となります。

組織の形成には、タバコのニコチン、一酸化炭素などが例外なく阻害する働きをします。

この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了までは禁煙あるのみです。