インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療はかなりの技術を要す

インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術して腫れが治まった後、あごの線や歯並びが変わってしまったなどの見た目を損なってしまう問題もあります。

問題が起こるリスクを軽減するためにも、歯科医はともかく慎重に決めてください。

手術によってインプラントを埋め込んだ後はしばらくの間、極力安静に生活するよう気をつけてください。

普段よりも静かに過ごすようにして日常生活以上の負荷がかかる運動はしばらく行わないようにしましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

日常的に運動を続けている方なら、運動をいつ再開すべきか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に要注意なのは歯周病顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくのがとても大事です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もリスクを背負っています。

もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。

歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

せっかくインプラント治療を行ったのに、それから前よりも口臭が気になるといった変化が割と少なくないようです。

インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。

この原因としては、義歯と歯茎の間に詰まった食べカスが磨ききれずに残ってしまったり、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているケースもあり得るのです。

より深刻な事態を食い止めるためにも、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

各パーツがどのように繋がっているかによって、以下に示す何通りかに分かれています。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられるものが1ピースタイプです。

他に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根とアバットメントのプラットフォーム(接続部)の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)に分かれますが、インターナルタイプの方が最近はメジャーになっています。