インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればイン

義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので異常がなくても維持費は必要になります。

使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。

定期検診を受ける費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。

従って、年間1、2万円くらいの費用を支払うことになります。

忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れてから、義歯だといわれることはめったにありません。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。

前歯など、自然に見せたい歯の場合は最適な治療と言えます。

1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがいわゆるインプラント治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。

見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが優位に立ちます。

先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。

対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても利用できるのがインプラントの強みです。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は痛みが落ち着くまでは、安静に過ごすように努めましょう。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、身体に負荷をかけるくらいの運動は控えることが望ましいです。

血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。

運動を習慣にしている方の場合は歯科医の意見を聞き、再開時期を話し合うと安心できます。