インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバ

インプラントの人工歯(上部構造)は、アバットメントを通じて人工歯根に固定されますが、その部品の接続構造により、何種類かのタイプがあります。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているものが1ピースタイプです。

他に、人工歯根とアバットメントが別パーツ構成になっている、2ピースタイプと呼ばれるものがあります。

二回法の施術には必ず2ピースタイプが用いられるわけですが、これはさらにアバットメントを接続するプラットフォームの形によって、凸面(エクスターナル)タイプと、凹面(インターナル)タイプという二つの形式があり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。

外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材でできているからです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

もし金属アレルギーの不安があれば遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。

せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。

人工物のインプラントでも、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れを必要としないと考えてはいけません。

義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

皆さんがインプラント治療に取りかかる前、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

実は、かかる費用は地域や、歯科医によって幅があるのが普通です。

この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用を自由に設定できるのです。

それでも、どの歯科医院でも同じような材料や薬剤を使っているので、相場がだいたい決まってきます。

インプラントが欠損歯一本分とすれば、30万円ないしは50万円くらいというのが一般的です。