インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプ

入れ歯や差し歯に代わる新たな技術と言われるインプラント

使用年数は生涯持つと言われることが多いのですが、それは治療が完了した後のメインテナンスの頻度や質、担当医の技量によっても変わるようです。

口内のセルフケアを怠れば、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨との親和性が高く身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の一通りの検査を行い、治療適用が妥当となったところで初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

そして、治療終了後のメンテナンスを欠かさず継続することで安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯を削ったり、かぶせたりしたくないという場合があります。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

入れ歯の装着に違和感があるという方、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。

あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋入する手術を行い、その後、上部体という人工歯の部分をかぶせる治療で、費用がかかることは確かですが見た目は入れ歯よりも自然な感じで噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

義歯でも、見た目や使用感を追い求めるならば、インプラント治療を選ぶべきです。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

この点は、歯科医の技量や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、絶対的なことは言えないのが実情であり、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れがなかなか引かないという時は、担当の歯科医にすぐに相談しましょう。