インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、

簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根によって、あごの骨と結びついているかどうかの問題です。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が損なわれていなければ上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯以外ですと、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を適用する可能性があります。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には治療の選択肢がそれしかない方に適用されます。

周りの歯との関係から、クラウンやブリッジは入れられない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかないという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

インプラントは入れ歯に比べ、自分の歯に近い噛み心地が得られ、噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。

見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優っていると考えられます。

また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないというのが痛いところです。

治療を断念する方もいるくらい、インプラント治療は治療費を確保してから始めなければなりません。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのが高額の負担を避けられない理由です。

インプラントの材質などを選び、極力安くしても十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとするとその数倍の出費もあることを覚悟した上で始めなければなりません。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れなしで長持ちすると考えてはいけません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

残っている自分の歯と同じく、必要なお手入れをきちんと指導してもらい、完璧なセルフケアを目指してください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。