インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

がんばって終わらせたインプラ

がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールは欠かせませんし、定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。

インプラント自体は人工歯ですが、日頃のケア次第で歯周病になることは珍しくありません。

普通、インプラント埋入手術は日帰りです。

部分麻酔を使うため、入院して手術することはまれです。

血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、大がかりな手術を入院して受けることもあります。

自分が当てはまるという方は、治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

様々な条件を考え合わせた上で、インプラント治療を受けることを決めたと思いますが、大切なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医がどのような技量を持っているかで決定的な違いが出てくると考えられます。

インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法とされています。

手に入る限りのデータを集めて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

様々な事情から、他の治療が受けられない方にすすめられる治療なのです。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラント治療を選択する患者さんが多いでしょう。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは自分の歯に近い噛み心地が得られ、食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。

インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

人工歯根を埋め込んだことで、その付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが自然な流れです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、特に手術後は、異変を感じたら放っておかずに歯科医にみせることを心がけてください。