インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

現状では、インプラント治療ができる歯

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントと義歯を入れるだけのあごの余裕がない」といったことであれば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。

インプラント治療はどのような流れかというと、3つの段階に分けられます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れは皆さん変わりません。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。

ですから、インプラント治療全体では全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

インプラント治療には隠れたメリットがあります。

治療終了後、義歯だと気づく人はまずないと考えてください。

見た目からしても、自分の歯のように義歯に見えない自然さで自分から、義歯だと他の人に明かさないでいれば義歯だと気づかれることも考えなくて良いのです。

自然な見た目を重視している場合、最適な治療と言えます。

インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないようひたすら辛抱が大事です。

十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。

インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいといったケースです。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので周辺の歯には関係なく失った歯だけを再生できます。

他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと要望があるケースではやはりインプラント適用が一番でしょう。