インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

手術によって、人工物であるインプ

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。

腫れがおさまると違和感は薄れるため腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう歯みがきも気をつけてください。

ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。

急患でも診療を受けることが必要です。

インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだ感じが自分の歯に近く、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはこの治療の良さでもあります。

自分の歯の上から人工歯をかぶせたブリッジや入れ歯と異なり、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほどしっかりした構造になっています。

もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。

では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、患者の体調、アレルギーなどが原因で、手術したところが腫れる、痛むという身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。

現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探して、問い合わせてみましょう。

重度の虫歯になってしまい、結局、歯を抜くことになってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、自分の気持ちが固まりました。

結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯に近い使用感があるとのことでした。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。