インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

他の歯科治療同様、インプラント治療で

他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。

この治療独自の技術を身につけた歯科医であるかは当然として、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の技量は厳しく問われるので相当な差があると考えるべきでしょう。

この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法なのは明らかで、できる限りよく調べて、歯科医を決めることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。

最近話題になることも多いインプラント

ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないという事実です。

糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

腎臓病や高血圧、糖尿病などで治療を受けている方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは入院設備が整ったところで手術する必要もあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

既往症に歯周病顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかることが必要条件です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。

ただし、これらの既往症があっても治療できないといわれる可能性は低いため歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。

全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。

この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によって大きく異なります。

なぜなら、インプラントは保険適用外がほとんどで、金額は歯科医院次第です。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。