インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント治療の問題点を聞いたことが

インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。

それは気にしないでください。

確かに、MRI検査では磁気を使うので当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、ケアはそこで終わりではありません。

義歯を劣化させず長持ちさせるのは、治療後のメインテナンス次第なのです。

歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、それを守って、常に歯を綺麗にしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、口腔内の異常に自分で気付くことが難しくなります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、原則的には一生持つとされていますが、現実的には、施術後のセルフケアと、治療を担当した歯科医の腕にも影響されるようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、わずか数年で使い物にならなくなることもあるのです。

加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、義歯の耐用年数自体も短くなってしまいます。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が健全であれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。

これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するというインプラント治療が候補となります。

インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだ感じが自分の歯に近く、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい頑丈です。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。