インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

近年、インプラントの治療件数が増えて

近年、インプラントの治療件数が増えてきました。

これは歯がまるごと抜けてしまった後で、代わりにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。

インプラントはブリッジや入れ歯とは全く違う治療法です。

インプラントだと人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので自分の歯と同じような強度があり、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。

なお、インプラント治療は全て自費となり、保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを作り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。

インプラントを埋め込む手術前後の処置や、周囲の歯との力関係を調節するなど時間を要し、トータルの治療費用は高額になってきます。

もしこの治療が保険適用だったら、結局は健康保険の赤字が増えてしまうので、保険の適用は拡大しません。

インプラント治療の大きな問題は、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、当然のように全て自由診療になってしまうので何本分の治療なのか、義歯部の材料などによっても一概に費用を決められませんし、自由診療なので、歯科医院ごとにずいぶん費用は変わってきます。

加えて、治療後のメンテナンスにもお金がかかるという点にも注意が必要です。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてください。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスは手を抜くことができません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

自然に治ることはありませんので、早急に診察してもらわなければなりません。

インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは気にしないでください。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応して画像が得られないという問題がなく、なので、MRI検査には影響ないと考えてください。