インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じ

インプラント埋入手術の直後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間が経つにつれておさまってくるケースがほとんどなので、気にしないでください。

別の原因が隠れていることもあり得るため、インプラントがなじむまでの間は特に、すぐに歯科医に連絡することが治療を成功させるために必要です。

インプラント治療にかかる費用を合計するとインプラント一本当たり30から40万円が相場と言えます。

地域によってかなり料金は異なります。

また、ケースによっては歯科医院の施設や規模を選びますし、歯科医の評判も治療費には大きな開きがあります。

治療の前に費用の総額を調べ、できれば複数の歯科医院を比較して最終的に歯科医院を決めるべきでしょう。

忘れないで欲しいのは実際にインプラント治療を受けてどうだったか、その評判です。

高い費用も、一括払いには限りません。

分割払いや、クレジットカード払いもできるようです。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなので術中の痛みが怖いと思います。

今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。

術後、腫れがでるのに伴って痛みを感じることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため激しい痛みが長く続くことはあまりありません。

歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。

しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

今後もおそらく保険はきかないでしょう。

なぜならインプラント治療をすすめようとするとブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べて検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とかなりの手間がかかるためです。

手術の前後には様々な処置が必要で、かみ合わせが落ち着くまで時間もかかるので全ての治療を通した費用はかなりの額になります。

治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。

それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。

見た目の問題を考えると多くのケースではインプラントが優っていると考えられます。

さらに、ブリッジ治療を選ぶと、ブリッジのために両隣の歯が犠牲になるというのが痛いところです。