インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませ

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。

手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を感じるのが普通です。

腫れが引いた頃には慣れてきますので、違和感を感じてもくれぐれも触らないよう我慢あるのみです。

もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。

我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。

インプラント治療の問題点を広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。

それは違います。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。

ところが、インプラントの場合はチタン、あるいはチタン合金でできているので磁気に反応しない性質を持っていて検査で問題になることはまずありません。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたありふれたケースのインプラント治療も院内感染が起きないと言えません。

いくつかの候補の中から歯科医院を決めると思いますが、感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることが命に関わる大事な問題です。

感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、そこで調べるのも良いでしょう。

インプラントとクラウンの決定的な相違は、歯根が自分のものであるかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

しかし、根から抜いた場合は入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。

実際のところ長く使っている症例は多くないのが現状ですが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保つとされています。

ということは、日頃のケアを欠かさなければ長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。