インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

どんな問題がインプラント治療にあるかを皆

どんな問題がインプラント治療にあるかを皆さん、入念に調べたと思います。

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という話があったのではないでしょうか。

それは違います。

MRI検査では、磁場に反応して画像が作られます。

金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないためMRI検査への影響はありません。

インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、段階が大きく3つに分かれます。

一番に歯茎の切開、あごの骨へ人工歯根を埋入、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、第三段階として歯根の上にアタッチメントをつけて、さらに義歯をかぶせるという段階を踏みます。

どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。

これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておくのがとても大事です。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方もリスクを背負っています。

もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。

歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

インプラントはメリットの大きい治療法です。

けれども、それと裏腹のデメリットもあります。

第一に、費用は他の歯科治療より高額です。

ケースによっては数十万円の負担になることも覚悟してください。

あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。

本当に深刻な例では、治療が原因で死亡することも過去にはありました。

無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、以前と比べて息のニオイが気になるという話も一部で見られます。

これはなぜでしょうか。

一つには、インプラントと隣の歯の間などに溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症していることも考えられるので、放置はできません。

より深刻な事態を食い止めるためにも、早期に診察してもらうことが大切です。