インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

ある程度の規模の歯科医院で、普通の

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行う普通のインプラント治療の中でも、院内感染が起きないと言えません。

治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策はどうなっているか調べた上で決めることが命に関わる大事な問題です。

近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、あれば必ず見ておきましょう。

インプラントは人工歯根に義歯を装着するものですが、この義歯には多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。

これは文字通り陶器でできた人工歯であり、見た目を損なわず、機能面でも優れた人工歯の成形には、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのです。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が必須になってきます。

これには大変な手間と時間がかかりますから、時間・技術ともに大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

どんな歯科治療でも費用は気になりますが、インプラントの場合、治療費を確保してから始めなければなりません。

保険適用の可能性もゼロではありませんが、おそらく、相当厳しい条件をクリアしたのでしょう。

検査など、治療の一部しか保険がきかないのが費用を押し上げる最大の原因です。

どんなに安い治療を選んでも十数万円、難しい治療を受けるケースでは費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。

インプラントとクラウンの違いは何?」という疑問の答えは、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

根元から歯を抜いたときの選択としては、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。

インプラントは人工歯なので虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病にかからないために、毎日のセルフケアと定期的なメンテナンスはどこまでも続きます。

しかし、インプラントを入れたところに腫れや出血がみられた場合、インプラント周囲炎の症状かもしれません。

放置は禁物で、炎症がひどくなる一方ですから即刻診断を受ける必要があります。