インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

人工歯根を骨に埋め込むことに、

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。

骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金など金属アレルギーがほとんど起こらない素材から作られています。

ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安なく進めていけるでしょう。

様々な条件から、普通のインプラント治療は困難とされ、限られた歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療を受けるという手段もあります。

北欧諸国はインプラント先進国といわれ、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためにはすぐにあきらめることなく、全力で、あらゆる方面から情報を集めてみるのが成就への第一歩です。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがお手入れなしで長持ちするとは誰も言っていません。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。

食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。

両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、このような場合、インプラントにもできますと説明され治療を受ける決心がつきました。

保険がきかないため、高額になりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

手術が終わり、インプラントを使っているうちに、だんだん噛んだときの違和感がなくなってきたのでこれで良かったと実感しています。

喫煙が、インプラント治療の成否に及ぼす影響は決して看過できるものではありません。

インプラント治療が終わるまでには最低でも数ヶ月必要です。

埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。

そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は確実にマイナスの作用があります。

インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではつらくても禁煙するのが正解です。