インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

初めてインプラントの説明を聞いた

初めてインプラントの説明を聞いた人は、差し歯とどう違うのか疑問に思うかもしれません。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、埋め込む所がないので使えません。

さて、そこでインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そうして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、気にせず行えるのが最大の特長であるといえます。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯を直接再生する治療と言えます。

周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。

新たな歯科治療の形として注目を集めているインプラントですが、これは若干特殊な治療法であり、気に留めておくべきポイントがあります。

まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があるということです。

インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント治療は、顎の骨に人工歯根を埋め込むという方法です。

糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまう可能性は高いといえます。

注意してください。

インプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という説があったのではないでしょうか。

それは違います。

MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。

身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属といっても磁気には反応せず、MRI検査への影響はありません。

人工歯としてのインプラントは当然、虫歯にはなりませんが、歯茎やあごの骨が炎症を起こす可能性はあります。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないわけで、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を疑ってください。

放置すると炎症が広がるので早急に診察を受けましょう。