インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言え

希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。

ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならば決してあきらめる必要はありません。

最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療可能になっています。

現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。

入れ歯では噛んだ感じがしない方や、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方にぴったりくるのはインプラントです。

人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上に人工歯をつける治療で、ほぼ全て自費診療になるため高くつきますが、見た目は入れ歯よりも自然な感じで自分の歯と同じように使えるので、食事も美味しいと思えます。

あくまでも見た目、もしくは使った感じを重視する方には最適です。

虫歯の危険性は、インプラントにはありませんがメンテナンスは自分の歯より楽と思ったら大間違いです。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを放置すれば歯茎が細菌感染して歯周病を引き起こすこともあるのです。

残っている自分の歯と同じく、歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

インプラント治療も万能ではなく、基本的には他の治療が難しい患者さんが受ける治療です。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

噛み合わせや、噛む力が義歯では得られないなどでインプラントしかないとされるという事情を、ほとんどの患者さんが抱えています。

入れ歯に比べ、インプラントでは噛み心地は自分の歯に近く噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、もしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。