インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はあ

耐久性の面で、インプラントはどうかというと、現状では確実な説はありません。

定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保たせることが可能というケースが増えています。

すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長い間自分の歯と同じように使えますが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうということを肝に銘じておくべきです。

完全に歯がなくなってしまった部位にも使えるインプラント

しかし、この治療法も決して万能ではなく、制約もあるので覚えておきましょう。

最も重要な注意点は、インプラント治療は誰でも受けられるわけではないことです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

いくつか例を挙げると、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、歯科医院でインプラント治療の適用は不可能と判断されてしまうかもしれません。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は生涯持つと言われることが多いのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当医の技量によっても変わるようです。

毎日欠かさず歯磨きをするなどのケアを怠ると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。

さらに、口内の状態を悪くして歯槽膿漏などになってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、各パーツがどのように繋がっているかによって、数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっているのが1ピースタイプと呼ばれるもの。

そして、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

よりメジャーである2ピースタイプは、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれます。

この内、インターナルの方がアバットメントの接続が容易と言われています。