インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり

インプラントの技術が確立されてきた現在では、歯科医の技量も上がり、インプラント手術の失敗はほぼなくなりましたが、確率は低いながら、今でも不具合の起こることはあります。

埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。

そのようなトラブルの多くは、歯医者さんの経験不足に原因があると言ってよいでしょう。

技術が高く、インプラント手術に慣れている歯科医を選ぶことが大事だといえるでしょう。

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという患者さんにお薦めします。

抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。

入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を希望することになる患者さんが多いでしょう。

インプラントと入れ歯との違いが気になるところですが、インプラントの場合、より自然な噛み心地を得られるため噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。

人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。

インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費を覚悟しましょう。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと一番良いでしょう。

インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。

ずっと使い続けられるかは、どうしても自分次第のところがあります。

歯磨きにも正しい仕方があります。

歯科で指導してもらえるはずですから、その通りのケアを心がけてください。

日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。

さらに、インプラントにした部分には当然、自前の神経はないですので、口の中で何か異変が起きていても、なかなか気付きづらくなっています。

治療が終わってからも歯医者さんに通うのが大事ということですね。