インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問

皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、費用の問題も大きいと思います。

ほとんどのケースは保険適用外で、全面的に自由診療になることが普通であるため何本分の治療なのか、義歯部の材料などによってもかなり費用が違うことも確かで、自由診療のため、歯科医院によっても相当差が開きます。

治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならないことも念頭に置きましょう。

インプラントを埋め込んだ後、その歯は虫歯の危険性は全くありませんが、インプラントの周りが炎症を起こすことがあります。

インプラント治療は、治療そのものよりその後のケアが重要で、歯周病を防ぐために、正しい毎日のケアと歯科医によるメンテナンスはどこまでも続きます。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればインプラント周囲炎を起こしているかもしれません。

放置すると炎症が広がるので早急に診察してもらわなければなりません。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は基本的に一生と説明されることが多いようですが、現実的には、施術後のセルフケアと、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

口内のセルフケアを怠れば、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

口内ケアをおろそかにすると歯槽膿漏などのリスクもあり、こうなると人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、埋め込んでいるインプラントがグラつくなど、耐用年数が縮められ、場合によってはインプラント治療のやり直しも必要になります。

数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。

それは違います。

確かに、MRI検査では磁気を使うので金属があれば、そこは乱れて映ります。

インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので磁気に反応しない性質を持っていてなので、MRI検査には影響ないと考えてください。