インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のもので

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根が自分のものであるかどうかです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

その一方で、歯を抜いてしまった場合入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を検討することになります。

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。

特に要注意なのは歯周病顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくことが必要条件です。

美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。

こうした病歴があっても、直ちにインプラント治療ができないわけではないため不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費は総額でいくらか、深刻な問題だと思います。

この治療の費用は歯科医院ごとにずいぶん違っています。

何しろ、ほとんどが自由診療なので、費用設定は歯科医院に完全に任されています。

大まかな相場はありますので、心配しないでください。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが一般的な相場とみて良いでしょう。

インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。

読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。

自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。

差し歯と比べて高額なのは悩み所ですが、抜歯などで歯を失っている場合にも利用できるのがインプラントの強みです。