インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の

手術して人工歯根を埋め込んだ後、周囲の自分の歯が浮いたように感じられることがあります。

考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、時間が経つにつれておさまってくるケースが圧倒的に多いです。

実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたら間を置かず歯科医の診療を受けることに努めましょう。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に頼るしかなければ、どこの国までも治療を受けに行くというのもありえます。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

困難な条件に負けず、一生使える歯を求めるなら決してあきらめてはいけません。

可能な限りの情報を集めることが夢をかなえるためには大事です。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。

インプラント埋入手術では、術中、痛さを心配する必要はありません。

麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を始めるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。

痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

骨に人工歯根を埋め込んで義歯を被せるインプラントの耐久年数は生涯持つと言われることが多いのですが、現実には、治療終了後の定期的なメインテナンスや、担当歯科医の治療テクニックにも掛かっています。

ろくに歯磨きもしないでいると、一生どころか、僅か数年でインプラントが劣化してしまうかもしれません。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、インプラントを埋め込んでいる顎の骨にも影響しますから、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。