インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。差し歯は文字通り、

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。

差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。

つまり、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。

歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。

忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。

既往症に歯周病顎関節症があるとすれば、治療開始前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。

また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。

もちろん、こうした既往症があるだけで治療の可能性はゼロにはならないので歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。

長い治療期間を経てやっとインプラントが安定しても、安堵するのはまだ早いのです。

インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、治療後のメインテナンス次第なのです。

口腔内ケアの仕方を病院で教えてもらえる筈ですので、毎日欠かさず行うようにしましょう。

結局、自分の歯は自分で守らなければならないのです。

加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、異常に気付くのも遅くなります。

自分で気付きづらい分、定期的に歯医者さんで検診を受けるようにしましょう。

これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯を直接再生する治療と言えます。

両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという希望がある方には他の治療法よりもインプラント治療がしっくりくると思います。