インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントに関する情報は多く出回っていますが

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。

それは、治療を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。

鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも腫れや痛みが収まらない場合は、直ちに歯科で診てもらってください。

どんな問題がインプラント治療にあるかを広く調べたと思いますが、その情報の中に、インプラントを埋め込んだ人は、頭部MRI検査は不可という問題はありませんでしたか。

それは違います。

磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、身体に埋め込んだ金属が反応すると、必要な画像が得られません。

インプラントに使われるのはほとんどがチタンなのでチタンの特性として、磁気には反応しないためなので、MRI検査には影響ないと考えてください。

外科手術を受けたわけですから、インプラント埋入手術の後は手術箇所が落ち着くように、安静に過ごさなければなりません。

力のかからない日常生活ならば大丈夫ですが、日常生活以上の負荷がかかる運動は当分控えてください。

血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。

運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。

インプラント治療は骨を削って人工歯根を埋め込む手術を伴うので、当然、ある程度のリスクを伴う治療です。

失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨に定着せず脱け落ちてしまう、力をかけたことで人工歯根や義歯が破損するといった人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目を損なってしまう問題もあります。

リスクをできるだけ減らすためにはくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。