インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。

他の歯科治療と同じように、インプラントにも失敗をゼロにすることはできません。

インプラント治療から起こりうる問題として、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものの問題、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまったという見た目の問題もあります。

失敗の可能性を少しでも下げるために歯科医はともかく慎重に決めてください。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医に出会おうとすれば、海外で治療を受けるという手段もあります。

そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界各国の歯科医が、腕を磨くために訪れています。

寿命の長い、しっかり噛める歯を望むなら、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れることをがんばってみましょう。

混同されることの多いインプラントと差し歯。

何が違うのでしょうか。

まず、差し歯というのは、天然の歯や歯根を利用して、そこに金属の土台を埋め込みます。

そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。

それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、利用できるのがインプラントの強みです。