インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしま

安易にインプラント治療を始めることはおすすめしません。

他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントはより自然な噛み心地を得られるためきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

本当に選りすぐりのインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすればどこの国までも治療を受けに行くというのもありえます。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。

インプラント治療で、失った歯を取り戻すためには可能性を追求して、まずもって、情報集めに全力を尽くすのが成就への第一歩です。

インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。

まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。

あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。

それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでであごの骨の状態や、その人の体質にもよりますが、最短で2ヶ月、最長で6ヶ月はかかると思ってください。

このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。

普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードでボーナス払いやリボ払いが可能、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローン商品を使える融通の利く歯科医院が多くなりました。

現金で費用を一括払いする必要なく、インプラント治療に取りかかることはあきらめなくて良くなりました。