インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプ

インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。

それからも指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。

標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。

定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。

普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。

インプラントの特徴として当然、虫歯にはなりませんが、歯周病には気をつけてください。

インプラントを維持するポイントは日頃のケアにあり、インプラントの土台を維持するために、毎日の歯みがきと定期検診やクリーニングが必ず求められます。

もしも、インプラントの周りで腫れや出血があれば歯周病の一種、インプラント周囲炎かもしれません。

感染が重篤化する危険性があるので至急歯科医にかからなければなりません。

一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。

使われるのは部分麻酔で、入院することはめったにありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は安全を期すため、入院を求められることもあります。

また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。

腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

もし、自分が該当すると思われるなら治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活するよう気をつけてください。

日常生活でも歯に負担がかからないようにして、普通の生活を上回る強度の運動はしばらくの間は控えましょう。

傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。

日頃から運動をしている方は、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくことをすすめます。