インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

全てのインプラント治療にとって大事なの

全てのインプラント治療にとって大事なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。

特殊な外科的治療についても技術を要求されるので成功例ができるだけ多い、経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。

それだけでなく、治療と費用の関係をクリアにしてくれる、院内感染防止のための方策を打ち出し、徹底しているいつでも治療の状況や、口腔内の状態について明確に答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院することはめったにありません。

糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。

そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。

これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

インプラントの手術してからしばらくの間、埋め込んだ周りの歯が浮いた感じになることがあります。

これは、人工物を埋め込んで付近の歯の神経も刺激を受け、反応したためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが圧倒的に多いです。

しかし、原因が他にあることも考えられるので、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことで早めの対応をしていきましょう。

インプラントとクラウンがどう違うかというと、歯根部が残っているかどうかの違いです。

虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。

しかし、根から抜いた場合はまず考えられるのは入れ歯ですが、その他にあごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むインプラント治療を選ぶこともできます。