インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりません

言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは言えません。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。

残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

歯科医の宣伝で、インプラント治療を掲げるところも増えてきました。

歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根部からほぼ元通りになる人工の歯を作ることだと考えてください。

歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯根からあごの骨に埋め込んでいるので自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

インプラント治療を受けようとすると、全て自費なので治療費が高額になることは問題点です。

どんな方にもインプラント治療が良い訳ではありません。

ブリッジや入れ歯など、他の治療が困難な方に適用されます。

クラウンやブリッジの支えになる歯がない、義歯では力が入らない、噛み合わせが良くないなどの理由でインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントと入れ歯がどう違うかというと、インプラントは噛み心地は自分の歯に近くきちんと噛んで食べる感じがあり、食べることが楽しくなります。

インプラントの技術が確立されてきた現在では、医療スタッフもインプラントに慣れてきて、失敗は少なくなったようですが、それも皆無とはいきません。

人工歯根とその上の義歯の接続が不十分で、食事の際にグラグラと動いてしまうなどの事例もあります。

そうした不具合は、歯科医の技術・経験不足の影響が多分にあります。

なるべくなら、インプラントを専門としている歯科医院を、ネットの口コミなども利用して選びましょう。