インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといって

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないと思ったら大間違いです。

小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。

自分の歯のお手入れと同じように歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。

その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。

これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。

例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。

他の歯を削って義歯を入れるのは抵抗があるという希望がある方には歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

長い期間と費用をかけたインプラント治療は、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、不断のケアが求められます。

毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが欠かせません。

インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

一般的なインプラント治療は、3ステップあると考えてください。

第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。

という段階を踏みます。

時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。

インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでにおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。