インプラント義歯とは・・・

インプラント治療について・・・

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用

現状では、インプラント治療のほとんどは自費となるため費用面で、治療を躊躇する方もずいぶん見受けます。

それでも、クレジットカードが使えるところや、いわゆるデンタルローンのような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

手持ちの資金が十分でなくても、治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。

人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。

インプラントは、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているのを1ピースタイプといいます。

それ以外に、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。

よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっています。

利点も多いインプラントですが、治療を受ける際に歯茎が腫れてくるのではと気にされる方も多いでしょう。

この点は、歯科医の技量や、日頃の口内ケアの状態、体調の悪化などにも影響されるので、必ずしもこうなるとは言えず、人と状況によりけりなのです。

痛み止めの薬などを服用して、腫れたところを冷やせば治ることもありますが、腫れがなかなか引かないという時は、直ちに歯科で診てもらってください。

入れ歯の装着に違和感があるという方、もしくは入れ歯の見た目を気にする方にも選択肢としてインプラント治療があります。

インプラント体と呼ばれる人工歯根の埋入手術をして、そこへ人工歯をつけるため、入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、自分の歯と同じように噛めるので、食べ物も美味しく感じられます。

義歯でも、見た目や使用感を要求する方に向いています。